須藤元気氏 麻生氏の発言に疑問「消費税は高額所得者や大企業の減税の穴埋めに使われている」

2020年11月18日 19時16分

須藤元気氏

 元格闘家の須藤元気参院議員(42)が18日、ツイッターを更新。麻生太郎副総理兼財務相(80)の消費税を巡る発言に自身の考えをつづった。

 18日の衆院財務金融委員会に出席した麻生氏は消費税の引き下げについて現段階で検討していないと説明。その理由について日本の財政状況や社会保障の実現に向けて消費税が必要不可欠とする点を挙げた。

 須藤氏は麻生氏の発言を報じた記事を引用し「消費税が実際に社会保障に使われていればまだ理解できますが、高額所得者や大企業(所得税と法人税)の減税の穴埋めに使われているので納得できません」と指摘。

 続けて「社会保障費が不足する分は国債発行でまかなえばいいので、格差を広げるだけの消費税はゼロにするべきです」と訴えた。