世良公則 国の借金問題報道に苦言「国民一人当たりの借金が1000万円を超えると言い始めるのか」

2020年10月01日 12時56分

世良公則

 経済問題で多くの投稿をしているロックミュージシャンの世良公則(64)が1日、ツイッターを更新。「国の借金問題」の報道に苦言を呈した。

 世良は、30日に出された2021年度概算予算編成について、経済学者の田中秀臣教授が言及した投稿を引用。予算が105兆円と過去最大になったことに加え、金額未定の予定が相次ぎ、さらに予算が膨張するとの報道について、田中教授は「このタイミングで政府の予算が膨張しないで日本社会が成立すると思っているのか?」と疑問を投げかけた。

 これに世良も同調し「国難、緊急時にも関わらず緊縮財政を促すような印象を与える内容 次は『国民一人当たりの借金がいよいよ1000万円を超える!』と言い始めるのか」と苦言を呈した。

 その上で「そんな借金など無いと多くの良識ある専門家が発言しても、メディアではそれを打ち消すような発信をする」と緊縮主義の報道を批判した。