三代目JSB・山下健二郎が「今日から俺は!!」に対抗心メラメラ 「サブタイトルは『昨日から俺は!!』です」

2020年07月18日 14時28分

左から久保田悠来、山下健二郎、松岡充

「三代目J Soul Brothers」の山下健二郎(35)、監督を務めた放送作家の鈴木おさむ氏(48)らが18日、都内で映画「八王子ゾンビーズ」の公開記念舞台あいさつを行った。

 同作はダンサーの夢破れて寺で修行する青年(山下)と、寺に居つくゾンビたちによるコメディー。当初は6月5日に公開を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の影響で延期されていた。2018年に公開された舞台版でも主役を務めた山下は「映像化できたことは非常にうれしく、大切な作品」と振り返った。

 また、鈴木氏は「舞台の時に映画化するって出演者に約束しても、大人は口約束ですから。でも、今回は健二郎君とゾンビ達のノリがあまりにも良かったので、それを形にしたかった」と映画化の経緯を説明。山下らの作品にかける情熱が〝大人〟を動かしたのだろう。

 山下とイケメンゾンビたちのダンスシーンはほとんどがアドリブ。撮影現場でも仲が良く、男子校のノリだったようだ。特に下ネタのアドリブが多いと名指しされた俳優・久保田悠来(39)は「僕はそれが一番ベストを尽くせたと思う。チームとしては成功だったかな」としつつも「ほぼカットです」と苦笑した。

 山下は作品の公開日が、話題作「今日から俺は!!劇場版」と被っていることに「実は八王子ゾンビーズのサブタイトルは『昨日から俺は!!』。負けません」と対抗心を燃やした。