SKE48・白井琴望が卒業発表! コロナ禍で活動困難「新しい目標を見つけることが多くなってしまって」

2020年06月24日 23時33分

SKE48・白井琴望

 アイドルグループ「SKE48」の白井琴望(17)が24日、SKE48公式ユーチューブチャンネルでグループからの卒業を発表した。

 同期の菅原茉椰(20)とともに生配信に出演した白井は「私、白井琴望はSKE48を卒業します」と報告。白井によるとSKE内で新たな活動が決まりつつあったが、コロナウイルスの影響で実現が困難に…。「そのお仕事で自分の新しい姿をファンの方に見せれたらと目標にしていたのですが、それがなくなってこの先どういうことを目標にしていこうかなと考えたときにSKE48の外に新しい目標を見つけることが多くなってしまって、今回SKE48から出て将来の夢に向かって頑張りたいなと思いました」と卒業理由を説明した。

「ファンの方がわたしに幸せなものを与えてくれて感謝しています。本当にありがとうございます。残りの時間少ないのですが恩返しをさせてください」という白井は、7月31日で活動を休止。後日、SKE48劇場で卒業公演を行い、それをもって卒業となる。

 白井は2015年5月に行われた「第2回AKB48グループ ドラフト会議」でSKE48・チームKⅡに2巡目指名されてグループ入り。2017年9月に日本ガイシホールで行われた「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会」ではベスト4に進出し、ソロ曲「誰にも言わないで」を勝ち取った。姉の白井友紀乃(19)も同じSKE48に所属している。