赤西仁が米国で年収3億円超え生活 エキストラで人並み報酬のハリウッド

2019年12月11日 11時00分

赤西仁

 元KAT-TUNの赤西仁(35)がジャニーズ事務所から独立後、活躍の舞台を米国などに広げ、年収が3億円超えというセレブな生活をしている様子を先日、写真週刊誌が報じた。また、小栗旬(36)も米国進出を目指し、今夏、一家の生活拠点をロサンゼルスに移したとされる。日本の芸能人が次々と進出を目指す米国エンタメ界の最新事情について、ハリウッドで活躍する日本人俳優の竹嶋利仁(たけしま・としじ=47)に聞いた。

 米国で放送中のCBSの人気アクションドラマ「S.W.A.T.」シーズン3で、初の日本ロケが行われることが先日報じられたが、そこでヤクザの組長役を演じるのが竹嶋だ。

 HBOで放送されている「Grisse」にもレギュラー出演中。来年は3本の米テレビドラマ、全世界配信のAmazonプライム「The Forgotten Army」でインドの独立の手助けをした日本軍の指揮官役、さらには日本・ブラジル合作映画の公開も控えている。

 竹嶋は「ハリウッドではどんな小さな役でも、セリフがひと言の役でも、キャスティングを通してオーディションが行われ、本当にその役柄に見える人が選ばれます。日本のようにバーターで出演ということはまずないです」と語る。

 2005年にニューヨークに渡り、舞台俳優としてスタート。アーティストグリーンカード(永住権)を取得し、数々のブロードウェーの舞台を経験後、ロサンゼルスで地位を確立した。

 米国でプロとして活躍する俳優はユニオン(労働組合)に属し、労働環境が守られている。労災はもちろん、労働時間や休憩なども決められている。出演料も役の大きさによって最低賃金が定められている。

「飛行機移動はもちろんビジネスクラス以上、ホテルも4つ星以上のホテルがいつも用意されています。米国ではエキストラだけで人並みの生活ができる報酬を得ている人もいます。それだけ社会におけるパフォーミングアーツの位置付けが高いのだと思います」と話している。

 米国の俳優は様々な面で恵まれているようだ。