山下智久に未成年アイドルが謝罪も「ホテルの件はスルー?」「論点すり替え」の声

2020年10月13日 15時00分

ジャニーズ事務所

〝未成年スキャンダル〟が報じられたジャニーズ山下智久(35)に新たな動きだ。

 一緒に酒席をともにした未成年女性Aさんが、ジャニーズ事務所に年齢を偽っていたことを認めた謝罪文書を送達していたと一部メディアが報じたのだ。

 山下は7月下旬、KAT―TUNの亀梨和也(34)を伴い、都内の飲食店へ。そこに同席したのがAさんら3人だった。その際、Aさんは未成年にも関わらず20歳以上と偽り入店。山下はコロナ禍の深夜外出の責任も問われ、活動自粛処分となった。Aさんは「週刊ヤングジャンプ」の次世代制服美少女発掘オーディション「制コレ’20」にも起用されている現役女子高生アイドルだった。

 一方でジャニーズ事務所は「その方(Aさん)が未成年であるという認識はなく、また、特段飲酒の有無も把握はしておりませんでした」「「今回のような結果を引き起こすこととなった要因の一つとしまして、店内に居合わせた方が積極的に年齢を偽っていたことが挙げられるのではないかと認識しております」と、Aさん側にも非があると主張していた。

 今回の謝罪文書はそうした事実を裏付けるもので、山下と亀梨に同情論も巻き起こっているが…。

「山下にはもう1つの重大疑義がある」とはワイドショー関係者。

 酒席をあとにした山下は宿泊先のホテルでAさんと合流。計8時間も濃厚な時間を過ごしたとされる。

 だが、山下サイドは徹底スルー。ジャニーズ事務所も詳細に説明しているのは酒席までのことで、店を出たあとの山下の挙動は一貫して触れずじまいだ。

 ネット上では「で、お持ち帰りは?」「論点のすり替えでは?」と厳しい指摘も飛んでいる。