日テレ猛プッシュの中島健人ユニット 大先輩の後ろ盾に“セクシーサンキュー”

2020年03月13日 17時00分

日本テレビの社屋

 Sexy Zoneの中島健人(26)とKing&Princeの平野紫耀(23)のユニットが話題となっているが、その中島にはすごい“後ろ盾”があるという。

 昨年大みそかの「ジャニーズ カウントダウン 2019―2020」で新プロジェクトとして発表され、4月から日本テレビ系でスタートするドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(土曜午後10時)にW主演する。4月スタートのドラマにもかかわらず、2月には同局の情報番組「バゲット」に2人で出演し、ドラマをPRした。

「日テレの中で4月の基軸番組です。ジャニーズ事務所との関係をより良好にするためにも、それこそ低視聴率にするわけにはいかない。局としても絶対に負けられないドラマなんです」とは日テレ関係者。

 事務所、テレビ局が猛プッシュする2人。その勢いを支える大きな後ろ盾を中島は持っているという。それがジャニーズの大先輩である東山紀之だというのだ。

 ある制作会社関係者は「東山さんは健人くんを弟分としてすごくかわいがっているんです。家に呼んで食事をごちそうしたりしている」という。先輩が後輩の面倒を見るのはよくあることだが、そのかわいがりぶりはハンパないとも。

「東山さんは番組に出演しているときでも、CMの合間に『セクシーサンキュー』って言ったりするそうです。マイブームになっているんじゃないかな」と同関係者。

 この「セクシーサンキュー」とは、そもそも“王子様キャラ”を貫く中島の決めゼリフだ。それこそコンサートでもテレビ番組でも、中島は何かあるたびにカメラ目線で「セクシーサンキュー」と叫びファンを歓喜させている。「おかげで東山さんの周りのスタッフでは当たり前のように『セクシーサンキュー』がはやっているそうですよ」(同)

 中島と平野のユニットを4月から、どう展開させていくかは、まだまだ未定だが、日テレの全面支援に東山の後ろ盾で、大型ユニットへと変貌するかもしれない。