TBS宇垣美里アナ “闇キャラ”扱いに「知らんし」

2018年08月13日 13時46分

TBS宇垣美里アナウンサー

 TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が、12日に放送された同局「サンデー・ジャポン」にVTR出演。“闇”が深いと話題になっている自身の発言について「知らんし」と切り捨てた。

 番組では東京ビッグサイトで開催された世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット94」を特集。会場の熱気を同局の宇垣アナが潜入取材した。

 コミケといえば、コスプレーヤーの撮影会だが、今回はアニメ大好きだという宇垣アナもコスプレに挑戦。人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公・鹿目まどかに“変身”した。

 魔法使いになりきったことでスタッフから、「魔法が使えるなら、何に使いたい?」と質問を受けると、ここで同番組のリポートで見せる冷めた一面である“ダークサイド”を再び披露。「悪を焼き払いたいですね」と言い放った。

 続けて「(焼き払いたいのは)世の中の理不尽。アナウンサーなんだから、テレビでああいう『闇』とか言うのどうかと思う(と言われるけど)知らんし」と冷たく笑い、切り捨てた。

 これにはスタジオの爆笑問題の太田光(53)が「いっそのことデビルマンの格好とかしてほしいよね」とツッコミを入れ、スタジオを笑わせた。