メッシ&C・ロナウドが共闘! 生後8か月の赤ちゃん治療費捻出へ計271万円の収益

2021年05月15日 00時30分

C・ロナウド(左)とメッシがグラウンド外で「アシスト」を見せた(ロイター)

 スペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)とイタリア1部ユベントスのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(36)が、チャリティーのために共闘したと13日、セルビアメディアが報じた。

 ベオグラードで脊髄性筋萎縮症に苦しむ生後8か月の赤ちゃんが必要とする高価な治療資金を調達するためのもの。メッシのシャツが9400ユーロ(約124万円)、C・ロナウドのシャツが11000ユーロ(約146万円)で、計204000ユーロ(約271万円)の収益を上げたという。

 この赤ちゃんに対するチャリティーは、C・ロナウドが3月のW杯欧州予選セルビア戦でゴールが決まらず、腹いせに投げ捨てたキャプテンマークから始まった。この腕章を試合後に拾った消防士の男性が、赤ちゃんの治療費にとチャリティーオークションにかけ、6万4000ユーロ(約850万円)で落札されている。

【関連記事】

関連タグ: