【常滑ボート・ファン感謝3Days】勢い断然の船岡洋一郎「やってることは変わらない」

2022年01月07日 18時18分

3月にはSGデビューも控える船岡洋一郎(東スポWeb)
3月にはSGデビューも控える船岡洋一郎(東スポWeb)

 ボートレースとこなめの「ファン感謝3Daysボートレースバトルトーナメント」が8日に開幕する。

 出場48選手の中で近況の勢い抜群なのが、船岡洋一郎(34=広島)だ。昨年12月にびわこ、芦屋、鳴門と月間3節連続Vの固め撃ちで年間7Vを達成。年初に出場選手が発表された3月の大村「第57回クラシック」でSGデビューが決定した。

「やっとですね(笑い)。ホントのことを言えば、もうちょっと早くしたかったという思いもありますけどね。せっかく出られるんだし、何か爪痕を残せたらいいですね」とデビュー16年目でつかんだ大舞台出場切符に心躍らせている。

 12月の3連続Vは、すべて1号艇以外で勝ち切っており、ここ一番の勝負強さにも磨きをかけている。これまでは2012年の年間2Vが最高で、それ以降はずっと年一ペースだったのが昨年だけで7Vと量産。34歳にして一気の大ブレークにも映る。「やってることはずっと変わらないし、いつも全力プレーです。ただ、展開が良かったり、流れが良かったり、その辺がうまくかみ合っているのもありますね」と自身の航跡を冷静に分析している。

 今節引いた1号機は機2連率こそ45%あるが、前検の動きはひと息。「そのまま乗ったら伸びで下がっていたので、ペラを叩くかも」と不満も残ったが「近況のいい流れのままいきたいですね」と悲観の色はない。

 初戦の11Rは4カド発進濃厚で近況の勢いに乗せた気迫のスリット攻勢に期待したい。

関連タグ: