黒沢年雄が「コロナ陰性証明書」発行を熱望

2020年05月06日 17時14分

黒沢年雄

 俳優の黒沢年雄(76)が6日、自身のブログを更新し、新型コロナウイルス“陰性証明書”の発行を熱望した。

 黒沢は「国が全員にPCR検査をさせて頂き、それを提示させる方法を至急にすれば、病院なども、手間が省けるし、レストランや、全ての施設も安心出来るのではないか?」とし、「証明書は、小さな素敵なバッチを胸のどこかに(裏には名前入り)…。誰でも安心して行動出来るし、仕事も出来る、goodアイデアだと思うが…」と提案。

 また「その間にワクチン、薬が出来れば、更に安心感が出る。バカな僕より、知識豊富な専門家や学者の方々や、政治家から、その話題が出ないのが不思議でならない。何兆円の莫大なお金をばら撒くより、安く、そして効果的な、PCR全員検査の指示.そして証明書提示は、グッドだと思うが…」とした。

 黒沢は続いての更新で「残念ですが、今や医療機器やその他の機械のほとんどは、中国産だそうで、完璧ではないと、ノーベル賞学者も言ってました。やはり、命に関わる事ですから、これらの核の部分は、日本で作って頂き、生命に関連しない、どうでもいいのは、中国で生産したら如何ですか」との考えも披露。

 最後に「人件費を、ケチった結果が、今の状況ですから、かえって高くつきましたね。やはり、天然資源の無い日本は、技術で世界一の経済大国に復帰して欲しいです。それこそが、日本が再起と最強になる近道だと思います」と結んでいる。