舛添要一氏 東京五輪開催に危機感「4月末までに終息しなければ、東京五輪はアウト」

2020年03月07日 16時41分

舛添要一氏

 元厚労相で前東京都知事の舛添要一氏(71)が7日、自身のツイッターで、日本政府が新型コロナウイルス感染症対策として、9日以降に韓国、中国(香港、マカオを含む)からの入国制限を開始することについて意見を述べた。

 舛添氏は「9日から中韓からの入国制限、この週末、大量に前倒しで帰国。抜け穴だ。8日と9日の帰国者でどこが違う。水際対策は、あくまで時間稼ぎなのだ。日本各地で感染者が出ている段階では、あまり意味がない。経済社会活動維持が阻害され、マイナスのほうが大きい。高齢者と持病のある人を救うことが優先だ」と指摘した。

 この日未明には「私が厚労相として対応した新型インフルエンザは、潜伏期間、回復期間などが短く、1週間単位で対応できた。今度のウイルスは、潜伏期間も回復期間も2週間~1ヶ月と長く、1ヶ月単位でしか判断できないのである。つまり、5月末ではなく、1ヶ月前の4月末までに終息しなければ、東京五輪はアウトだろう」とも述べている。