有吉弘行 ラジオ業界に憂慮「Radikoで持ち直したはウソ」「どうせもう辞めるし」

2022年02月27日 21時42分

有吉弘行(東スポWeb)
有吉弘行(東スポWeb)

 有吉弘行が27日、JFN系ラジオ「SUNDAY NIGHT DREAMER」に出演。ラジオ業界の今後について語った。

 この日の放送では「出版市場の4割、コミックに」というニュースを紹介。有吉は「雑誌買わなくなったもん。ネットニュースで雑誌系のものは目に入ってくるけど」と感想を語り「でも、雑誌も終わりだ、ラジオも終わりだって言う割に細々とやってるね。細々とは続くのかね?」と疑問を投げかけた。

 アシスタントのデンジャラス・安田和博が「Radikoで持ちなおしたと聞く」と告げたが、有吉は「持ち直したっていうのは、あれ多分ウソだよ。関係者が言ってるだけ」とバッサリ。

 続けて「ほんとにラジオ機持ってない、ゼロに近かったものが、1%で踏みとどまってるみたいなもんだと思うよ。Radikoがバーンと増えて、ネットに迫る勢いとかじゃないでしょ。ラジオ業界が『いけー! Radikoで!』っていうほど盛り上がってるとは思わない。当然テレビ業界もそうだし。雑誌もそうでしょ」と冷静に言い放った。

 その上で「実際倒産したりするだろうね。出版社もテレビ局もそうだし、ラジオ局もそうだけど。大変だね。もうインターネットだけ?」と嘆くと「変わんないか、俺らがやることは。どうせもう年だし、辞めるしね」と自嘲した。

関連タグ: