【スターダム・シンデレラT】ワールド王者・詩美も終戦…朱里の挑戦要求への回答も保留

2021年05月14日 23時08分

朱里(上)に敗れ、2回戦で姿を消した詩美

 女子プロレス「スターダム」春の祭典「シンデレラ・トーナメント」2回戦(14日、後楽園ホール)でワールド・オブ・スターダム王者の林下詩美(22)が朱里(32)に敗れて姿を消した。

 試合は静かなグラウンドの展開でスタートするも、朱里のハーフハッチ、腕ひしぎ逆十字固め、アームバーでペースを握られる。

 詩美もコーナーに上がってのスリーパーで絞首刑に捕らえると、エプロンでのアルゼンチンバックブリーカー、投げっぱなしジャーマンで勝利をつかみかける。だが逆にジャンピングニーで場外に叩き落され、オーバー・ザ・トップロープで敗退した。

 試合後には朱里から改めてワールド王座への挑戦を表明されるも「このトーナメントの行方を見てから考えさせてください」と返答を保留する。これに朱里から「焦らすねえ。でもそんな詩美もス・キ」と返され困惑の表情。

 バックステージでは「2回戦で負けて赤いシンデレラになることはできなかったけど、朱里さんと当たれてよかった。防衛戦をやるかやらないかは(トーナメントが)終わってからしっかり考えたいと思います」と言葉少なにその場を去った。

関連タグ: