千眼美子 映画「宇宙の法 エローヒム編」初日舞台あいさつに登場

2021年10月08日 15時50分

千眼美子
千眼美子

 女優の千眼美子(26)が8日に東京・新宿区のシネマート新宿で行われたアニメーション映画「宇宙の法―エローヒム編―」(今掛勇監督)初日舞台あいさつに登場した。

 同映画は約1億5千万年前の地球が舞台。高度な文明が各地に存在し、宇宙人と地球人が共存しながら生活を営んでいる美しい星だったが、突然、ケンタウルスβ(ベーター)星人の侵略により、危機にさらされてしまう。千眼は地球神・エローヒムの命を受け、地球を防衛する女戦士・ヤイザエルの声を担当した。

 千眼は「やっぱり、声だけで演じるとなると、その役のバックボーン、キャラクターを表現するのは難しかったんです」とアフレコ作業を振り返る。

イベントにはイメージソング「パングルのテーマ」を歌った歌手・篠原紗英も登場し、歌唱披露。

 その歌声を聴いた千眼は「控えめに言って最高でした。マジでかっこよくって、21世紀最高の歌姫だなと思います」と涙した。

 最後は大ヒット祈願の特効バズーカと共に「大ヒット~!」と右手を空に突き上げた。

関連タグ:

ピックアップ