【デスク発ウラ話】回収率100%を越えるアイドルの競馬予想

2020年01月20日 15時15分

 昨年4月から本紙競馬面でSKE48・熊崎晴香さんの予想コラム「ハルカ 伸るか!反るか!」(土曜掲載)がスタートした。この予想が結構当たっている。

 紙面には毎週、熊崎さんの3連単と馬単の買い目が掲載されているが、3連単は基本的に◎→○▲△△△→○▲△△△(20点)と○▲→◎○▲→◎○▲△△△(16点)の合計36点というパターン。昨年は6月9日のエプソムカップ▲○◎(3連単6万8720円)、8月4日の小倉記念○▲△(3連単3万1100円)、11月3日のアルゼンチン共和国杯◎△○(3連単2万3070円)、12月22日の有馬記念○◎△(3連単5万7860円)など、ここまで42レースを予想して7レースで3連単が的中。回収率は100%を超えている。

 たまに「アイドルの競馬予想って記者の人が書いてるんでしょ?」といったことを聞かれるのだが、これだけは断言する。100%本人が予想して原稿を書いている。最近のアイドルをなめてはいけない。ファンの心をつかむため、ブログやファン向けのメール、ツイッターなど毎日、何件ものSNS投稿を行っており、ひょっとするとへたな新聞記者よりも書いている量は多いかもしれない。これを何年も続けているのだから、自然と書く力や文章の構成力などが磨かれている。実際、熊崎さんのコラムも連載が始まってから9か月でかなりうまくなっていると思う。

 毎週、マネジャーを通じて送られてくる熊崎さんのコラムを読んでいて気付いたことがある。熊崎さんの予想では1番人気の馬に◎を打つことがほとんどないのである。ここまで42レース予想して1番人気を本命にしたのは5回だけ(そのうち3連単が2回、馬単が3回的中していた)。逆に10番人気の馬を本命にしたことが3回あった。

 JRAのレースでは単勝1番人気の馬の勝率は30%を超え、連対率が約50%、複勝率は約60%というデータもある。当然ながら1番人気の馬に◎を打てばそれだけ的中する確率も上がるのだが、あえて当てにいかず、フルスイングで一発を狙っている予想が多いのである。

 12日のシンザン記念の予想でも◎は6番人気のカバジェーロ。10頭立ての少頭数レースにもかかわらず3連単の買い目36点のうち4点が当たれば100万円超えの帯封馬券であった。残念ながらカバジェーロは9着に沈み、予想はかすりもしなかったが、個人的にはこういった攻めた予想は嫌いではない。

 熊崎さんは先月、栗東トレーニングセンターでの取材にも挑戦。元日本調教師会会長で本紙競馬評論家の中村均氏に弟子入りし、厩舎や騎手の方々を取材して回った。「栗東に行って、ますます競馬が好きになりました。また取材に行きたいです」と本人も気合十分。これからも大胆な予想に期待したい。

(中京編集委員・宮本泰春)