• 文字サイズ

トップ > 東京スポーツ プロレス大賞 > 東京スポーツ プロレス大賞:選考経過(1974~1979)

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください


東京スポーツ プロレス大賞:選考経過(1974~1979)


1974年プロレス大賞
1年間を通じて、常にプロレスファンに話題を提供し続けたのはアントニオ猪木。1月のマクガイヤー戦、2月のアンドレ・ザ・ジャイアント戦、3月のストロング小林戦、そして4月には第1回ワールドリーグ戦で日本人同士(総当たり制)に踏み切り坂口と決戦。 6月にはタイガー・ジェット・シンの腕を折るという凄絶な戦いを見せ、8月にはカール・ゴッチとの実力世界一戦、ロサンゼルスで坂口と組んでの北米タッグ選手権の獲得、10月の大木戦など常にベストバウト候補になる内容のある試合を行った。

年間最高試合賞 アントニオ猪木vsストロング小林(3月19日・蔵前国技館)
最優秀選手賞 アントニオ猪木
敢闘賞 ストロング小林
技能賞 ジャンボ鶴田
新人賞 藤波辰巳
最高殊勲選手賞 ジャイアント馬場
努力賞 山本小鉄、マシオ駒、寺西勇
特別賞 マイティ井上
1975年プロレス大賞
最優秀選手賞(MVP)選考経過:
ファン投票では馬場が猪木をリード。
オープン選手権を開催し、世界トップクラスのレスラーを一堂に集めた。
前半、体調を崩したものの、土壇場でD・F・ジュニアを追い抜いて逆転優勝。これがファンに高く評価された。

年間最高試合賞 アントニオ猪木vsビル・ロビンソン(12月11日・蔵前国技館)
最優秀選手賞 ジャイアント馬場
最優秀タッグチーム賞 アントニオ猪木、坂口征二組
殊勲賞 ラッシャー木村
敢闘賞 大木金太郎
技能賞 マイティ井上
最高殊勲選手賞 ジャンボ鶴田
大衆賞 ザ・デストロイヤー
努力賞 高千穂明久、藤原喜明、スネーク奄美
1976年プロレス大賞
最優秀選手賞(MVP)選考経過:
猪木が2度目の受賞。モハメッド・アリ戦、ウイリエム・ルスカ戦(2度)という他流試合ともいうべきビッグマッチを経験したほか、ザ・ジャイアント、タイガー・ジェット・シン、ビリー・グラハム、イワン・コロフと世界のトップレスラーと戦い、見事な成績をあげた。 ファン投票=特別大衆賞に

年間最高試合賞 ジャンボ鶴田vsラッシャー木村(3月28日・蔵前国技館=全日、国際プロの対抗戦)
最優秀選手賞 アントニオ猪木
最優秀タッグチーム賞 坂口征二、ストロング小林組
殊勲賞 坂口征二
敢闘賞 ラッシャー木村
技能賞 寺西勇
最高殊勲選手賞 ジャンボ鶴田
努力賞 渕正信、魁勝司、剛竜馬
特別大衆賞 ジャイアント馬場
1977年プロレス大賞
MVP選考経過:
プロ空手家、プロボクサーといった異種格闘家と死闘を繰り広げ勝ち抜き、プロレスの強さを改めてファンに認識させ、大観客を動員した猪木が功績を買われ、全会一致で3度目の受賞。

年間最高試合賞 ジャンボ鶴田vsミル・マスカラス(8月25日・田園コロシアム=UN戦)
最優秀選手賞 アントニオ猪木
最優秀タッグチーム賞 該当者なし
殊勲賞 マイティ井上、アニマル浜口組
敢闘賞 坂口征二
技能賞 星野勘太郎
最高殊勲選手賞 ラッシャー木村
努力賞 ロッキー羽田、長州力、鶴見五郎
特別表彰 鈴木正文(京都・日本正武館館長)
1978年プロレス大賞
MVP選考経過:
MS・Gシリーズ、プレ日本選手権優勝、NWFヘビー級戦6度防衛、バックランドとの3度に渡るWWWFヘビー級王座をかけた好試合、モンスターマンとの格闘技戦など78年のプロレス界で文句なく最高と認められた。

年間最高試合賞 ジャンボ鶴田vsハーリー・レイス(1月20日・帯広=NWA世界戦)
最優秀選手賞 アントニオ猪木
最優秀タッグチーム賞 ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田組
殊勲賞 ラッシャー木村
敢闘賞 キム・ドク(タイガー戸口)
技能賞 該当者なし
最高殊勲選手賞 藤波辰巳
大衆賞 上田馬之助、アブドーラ・ザ・ブッチャー
努力賞 薗田一治、小林邦昭、スネーク奄美、石川敬司
特別功労賞 吉原功
1979年プロレス大賞
MVP選考経過:
馬場は10月、H・レイスからNWA王座を奪取。第二次世界大戦後、4人目の返り咲き。11月に防衛成功。
日本の馬場を世界にアピール。

年間最高試合賞 アントニオ猪木、ジャイアント馬場vsタイガー・ジェット・シン、アブドーラ・ザ・ブッチャー(8月26日・オールスター戦)
最優秀選手賞 ジャイアント馬場
最優秀タッグチーム賞 該当者なし
殊勲賞 阿修羅・原
敢闘賞 長州力
技能賞 藤波辰巳
最高殊勲選手賞 アントニオ猪木
大衆賞 テリー・ファンク
努力賞 大仁田厚、荒川真、高杉正彦
特別功労賞 ジョー樋口(全日プロ・レフェリー)、山本小鉄(新日プロ=引退)、鈴木正文(京都・日本正武館館長)

 



ピックアップ
【スーパージョッキーズトライアル】鮫島&吉原 本戦出場決定!
本戦に先駆け20日、佐賀競馬場で行われた「ワイルドカード」は、地元・鮫島克也が優勝。準優勝の吉原寛人とともに本戦出場を決めた。

総勢140人以上!ゲームショウの美人コンパニオンを大特集
 ゲームの祭典「TOKYO GAME SHOW2014」が18日、千葉・幕張メッセで開幕した。東スポWebではイベントの華である各ブースのコンパニオンを140人以上を特集!

「進撃の阪神巨人 ロックコンサート」で奇跡の競演
グラミー賞曲連発の歴史的ライブに大観衆熱狂


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

次回は「とこなめSGボートレースダービー」

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。