• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 【ボートレーサーのイチ押し!】峰竜太が居住性より重視した自慢の家

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボートレーサーのイチ押し!】峰竜太が居住性より重視した自慢の家


【ボートレーサーのイチ押し!】人気ボートレーサーのとっておきの宝物や超おすすめの逸品、名店などをドーンと公開する「オレの(私の)イチ押し!!」――。第6弾は峰竜太(31=佐賀)の登場。「そういう企画なら、ぜひこれを紹介してください! 僕が一番、自慢したいものですから!!」と猛プッシュしてきたイチ押しとは――。

 唐津市内にそびえる白亜の豪邸。これが峰の“イチ押し”の3年前に新築した自宅だ。「本当に建てて良かったと思いますよ。もう満足しています」と興奮気味に語るのは峰自身のこだわりがパンパンに詰まっているからだ。

 そのこだわりは“居住性”ではない。「正直なところ住み心地は良くないですよ。構造上、暖房の効きが悪いみたいで冬は寒いっスから、アハハ…」と笑い飛ばす。それでも胸を張ることができるのは「もともと住み心地は重視していなかった」からだ。

「人がたくさん集まるような家にしたかったんです。家族や親戚はもちろん、友人やボートの先輩、後輩…。みんなで集まって楽しんでもらいたかった。だからリゾート感を出すことを意識したりマージャン部屋やバーベキューができるスペースも作りました」

 さらにトップレーサーとしての責任感も詰まっている。「後輩たちが気軽に来ていろいろな話ができる場所を作ってあげたいなという気持ちもありました。ボート場ではなかなか話せないことも、ここなら話せればいいな、と…。それに“頑張ればこういう家が建てられるぐらい稼げるんだ”というモチベーションにしてくれたらいいなって思っています」

 そんな思いが込められたこだわりの一軒。「今では何かあったら峰の家に集まろうって言ってくれますね。だから、心から建てて良かったって思っているんですよ」と満足そうに話す。

 この豪邸のお値段は1億円。偶然にもグランプリ優勝賞金と同額で「実は1億円というのは少し意識しました。グランプリを勝てば家の代金になりますからね」と表情を引き締めた。悲願のSG優勝、そしてグランプリ制覇――。

 峰自身の大きなモチベーションにもなっている。

☆みね・りゅうた=1985年3月30日生まれ。佐賀支部の95期生。2004年11月にからつで初出走。初勝利は同年12月。05年からつで初優勝。通算42V。GⅠでは昨年9月の芦屋64周年記念など4V。SGは優出10回も未冠。同期に山田哲也、岡村仁、海野康志郎、藤崎小百合らがいる。身長172センチ。血液型=B。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。