• 文字サイズ

トップ > エンタメ > グラビア > ミスヤンチャンGP竹本茉莉 特技は虫食い「昆虫は貴重な栄養源」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスヤンチャンGP竹本茉莉 特技は虫食い「昆虫は貴重な栄養源」


虫食いアイドル・竹本茉莉

 22日に都内でお披露目された「ミスヤングチャンピオン」の7代目グランプリ(全6人)には、虫食いアイドルがいた。

 竹本茉莉(22=T160・B83・W60・H84)は昨年、大学を卒業して芸能界入り。バストはCカップと小ぶりだが、虫食好きという特異なキャラで異彩を放っている。

 竹本は「食べることが好きで、平気で何でも食べられる。だから、『日立 世界・ふしぎ発見!』のミステリーハンターに向いているんじゃないかと思って、世界を回ることを夢見ていた。でも、いつの間にか虫を食べることだけにスポットが当たってしまって…」と笑顔で語る。

 新宿のゲテモノ料理店に通い詰め「イモムシをからっと揚げるとおいしい。あと、サソリが美味。昆虫は栄養価が高く、食糧難になれば貴重な栄養源になる」と熱弁振るった。

 ところで、虫食いといえば、本紙でおなじみ、女性お笑いコンビ「オアシズ」大久保佳代子(45)と結婚寸前までいった元カレで、芸人の佐々木孫悟空(42)が第一人者。

 竹本はゴキブリが好物の佐々木に興味津々で「この世界ではゴキブリを食べたら一人前と言われているので、早くゴキブリを食べたい。ぜひ、佐々木さんにお会いしたい」とラブコールを送った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。