パワハラ認定で栄強化本部長が辞任 福田会長は伊調、コーチらに謝罪

2018年04月06日 22時05分

会見した(左から)松浪健四郎副会長、馳浩副会長、福田会長

 レスリングで五輪4連覇を達成した伊調馨(33=ALSOK)が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを受けていたと関係者が内閣府に告発した問題で、日本協会は6日、第三者の弁護士による調査が終了したことを受け都内で緊急の理事会を開いた。福田富昭会長(76)は栄氏から強化本部長の辞表が提出され、理事会が受理したことを明かした。

 理事会では、調査報告書を受け対応を協議した。報告書では、2010年、栄氏が伊調に対し「俺の前でよくレスリングができるな」と発言した点など4点についてパワハラと認定。日本協会に当事者である栄氏への処分や再発防止策などを提言している。

 福田会長は冒頭「関係者のみなさまに大変ご心配、ご迷惑をおかけし、心からおわび申し上げたい。また、現在調査結果から明らかなように、伊調選手に対する強化本部長の言動がパワハラに当たるという認識を受け止め、レスリング協会の代表として、伊調さん、コーチ、関係者におわびしたい」と謝罪した。