【パワハラ問題】栄氏告発文に「摩訶不思議」 至学館大・谷岡学長“反論会見”の中身

2018年03月16日 16時30分

会見した谷岡学長

 レスリング女子五輪4連覇の伊調馨(33=ALSOK)がパワーハラスメントを受けたとする告発状が内閣府に出された問題で、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が監督を務める至学館大学の谷岡郁子学長(63)が15日、愛知・大府市の同大で記者会見した。

 谷岡学長は会見した理由について「栄監督の娘である栄希和選手(24)がえこひいきで女子W杯に出るとテレビ番組に取り上げられたから。根拠のない話で抗議したい」と話した。その上で報道の影響を受け「吉田(沙保里)副学長には『あなたが卑怯者なんだ』というようなメールが来ている。選手には『オマエが謝れ』『偽善者め』『至学館だと思ってつけあがるな』、そういう形のコメントが次々に寄せられている。深く傷つけられる状況にあります」と語った。

 栄氏のパワハラの有無については「分かりません」と答えたが、谷岡学長は「そもそもこの問題は摩訶不思議なことばかり続いている」と告発文の内容をかいつまんで否定。伊調が東京五輪に向け、選手として臨む立場を明確にしていないとし「選手でない人の、五輪を目指すはずがない人の5連覇を阻止するということが存在できるでしょうか」と語気を強め、冒頭から40分以上にもわたる“独演会”となった。

 また、谷岡学長は栄氏が一連の報道に対し、法的手段を準備していると明言。「(栄氏は)重大な人権侵害だと考えており、今、訴訟を準備しております」。一時は心身衰弱とされた栄氏の体調も「徐々にではありますが気力、体力も快方に向かっている」という。

 栄氏との強固な関係を内外に示した谷岡学長は「明らかな風評被害」と騒動の早期の沈静化を願っていた。