【パワハラ問題】伊調馨「内閣府の調査に応じた」

2018年03月15日 16時30分

伊調馨

 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(33=ALSOK)が日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを受けていたと関係者が内閣府に告発状を提出した問題で14日、伊調が所属先を通じでコメントを発表した。

 伊調は「昨日、内閣府から調査の要請がありましたので、自分の認識している事実をご説明いたしました」と、13日に内閣府の聞き取り調査に応じたことを報告。さらに「日本レスリング協会の第三者委員による調査も、ご要請いただきましたら応えていく所存です。その上で、各調査機関の判断を待ちたいと考えております」と、日本協会の調査にも協力する姿勢を見せている。

 告発状を提出した貞友義典弁護士によれば、告発に関わった田南部力氏(42)と安達巧氏(51)も12日に内閣府の調査を受けた。日本協会は倫理委員会が弁護士3人による第三者委員へヒアリング調査を委託し、関係者への調査を進めている。