須藤元気氏が伊調馨に呼びかけ「拓大に練習に来て」

2018年03月08日 10時08分

須藤元気氏

 K―1など総合格闘技で活躍した元格闘家で、現在は拓殖大学レスリング部の監督を務める須藤元気氏(40)が8日朝のTBS系情報番組「ビビット」に出演し、パワーハラスメント問題に揺れる伊調馨(33=ALSOK)に言及した。

 伊調と日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が対立するに至った原因について須藤氏は「人の好き嫌いはそれぞれですが、格闘家は〝敵か味方か〟という視点で判断しがち。それが発展していったのではないか」と、鋭いトーク力も評価されたかつての人気ファイターらしい分析を披露。

 問題の背景に日本体育大学と至学館大学のレスリングにおける派閥争いがあるのではと振られると「僕は拓殖(短期大学卒業)なので」と、微妙な部分には踏み込まず笑って流したが、現在はアスリートを指導する立場にある同氏は「選手が気持ちよく(練習や試合が)できる環境をつくってあげるのが第一」と持論を述べ、レスリング関係者から内閣府に提出された告発状で〝練習環境を奪われている〟とされた伊調に対して「僕はいつでもウエルカムなので、ぜひウチ(拓殖大学)に練習に来てほしい」と呼びかけた。