【レスリング】伊調馨パワハラ騒動 関係者が栄本部長を告発

2018年03月01日 11時30分

伊調馨

 女子レスリングで五輪4連覇を果たし、国民栄誉賞も贈られた(33=ALSOK)が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを繰り返し受けたとして、レスリング関係者が1月、代理人弁護士を通じ、内閣府の公益認定等委員会に告発状を出していたことが28日、分かった。代理人弁護士の事務所が明らかにした。

 告発状によると、伊調は2004年のアテネ五輪と08年の北京五輪を連覇した後、指導を受けていた栄氏の意に反して、練習拠点を愛知県から東京都へ移動。それをきっかけに、伊調への嫌がらせが始まったとしている。

 10年開催の世界選手権のためロシアに遠征した際には、伊調のコーチを務める強化委員の田南部力氏(42)に指導をやめるよう命じ、同氏が従わないと「言うことを聞かなければ出ていけ」などと脅したと訴えている。

 また、16年のリオデジャネイロ五輪前も、伊調選手が練習場所としていた田南部氏の拠点・警視庁の施設に出入りできないよう圧力をかけるなど、パワハラを繰り返したと主張している。伊調はリオ五輪で女子史上初の4連覇を達成し、その後は競技会に参加していない。

 栄氏は28日、取材に応じ「私は五輪で金メダルを取らせようと精一杯協力してきたつもり。このようなことになってびっくりしている。協会と話し合って対応を決めたい」と困惑した様子で話した。

関連タグ: