レス名門至学館大が東京五輪に向けて「女子最重量級選手」一般募集

2017年08月15日 17時09分

会見する(左)から栄和人監督、谷岡郁子学長、吉田沙保里

 女子レスリングの名門・至学館大が15日、東京五輪へ向けて最重量級選手を育成するため、一般募集することを発表した。

 リオ五輪では最重量級の75キロ級だけメダルに届かなかった課題を埋めるべく発足したプロジェクト。栄和人監督(57)は「重量級は腕力、体力、練習の内容によっては3年間で間に合う。力をつけていけば荒々しい技でも通用する」と語った。

 応募資格は満16~25歳の女性で体重58キロ以上など。詳しくは同大セレクション担当、電話0562・44・1374まで。