【レスリング】リオ五輪代表・渡利璃穏「ホジキンリンパ腫」で闘病

2016年11月24日 19時18分

 リオデジャネイロ五輪レスリング女子75キロ級代表の渡利璃穏(25=アイシンAW)が、ホジキンリンパ腫で闘病していることが明らかになった。24日、栄和人強化本部長(56)が明らかにした。

 リオ五輪前の7月に検査で胸に影が見つかり、五輪後の9月に精密検査をしたところ、同リンパ腫であることが発覚した。現在は抗がん剤治療を行っている。

 母校の先輩でもある吉田沙保里(34=至学館大職)は「今、一生懸命病と闘っていると思う。しっかり治してまた東京(五輪)に向け一緒に頑張っていきたい」と“共闘”の姿勢を見せた。