“カレリン超え”吉田沙保里が13連覇

2012年09月29日 11時00分

【カナダ・ストラスコナカウンティ28日(日本時間29日)発】吉田が有言実行のカレリン超えを果たした。レスリング女子の世界選手権第2日、五輪3連覇 を成し遂げた女子55キロ級の吉田沙保里(29=ALSOK)が決勝でフォール勝ちし10連覇。五輪と合わせて前人未到の13大会連続世界一を達成した。


  吉田はロンドン五輪金で「霊長類最強の男」こと、男子グレコローマンスタイル130キロ級(当時)のアレクサンダー・カレリン(45=ロシア)の持つ12 大会連続世界一に並んでいた。また今大会の4勝で五輪と世界選手権での連勝記録も62に伸ばし、カレリンが持つ最多連勝記録の61を更新。“Wカレリン超え”を果たした。