吉田沙保里 東京ライフの敵は「痴漢」

2012年09月22日 18時00分

 ロンドン五輪レスリング女子55キロ級で3連覇を果たした吉田沙保里(29=ALSOK)が意外な不安を告白した。

 

 五輪と合わせて13大会連続世界一がかかる世界選手権(27日~、カナダ)に向け、20日に公開練習を行った吉田。“人類最強”と言われた男子グレコローマン130キロ級のアレクサンダー・カレリン(45=ロシア)が持つ12大会連続世界一の更新に「状態は戻ってきている。カレリン超えをしたい」と決意を示した。

 

 そんな吉田は今後、東京にも拠点を置き、愛知との往復生活を送るという。「今の環境だと4年間(気持ちが)続かない。東京にも家を持ち、いろいろなところに出稽古に行って、名古屋と行き来し、楽しみながらリオまで行けたら…」

 

 ただ女王にも、東京での一人暮らしに意外な心配事があった。「東京って、怖いんでしょ~? 家はALSOKで守ってもらうけど、電車で痴漢に遭ったらどうしよう~」とまさかまさかの懸念を吐露するなど、乙女らしい一面ものぞかせていた。