【レスリング】協会新会長に84年ロス金メダリストの富山英明氏 福田会長は勇退

2021年10月01日 20時45分

新会長の富山英明氏
新会長の富山英明氏

 日本レスリング協会の定例理事会が1日、都内で開かれ、福田富昭氏(79)が会長職を勇退。富山英明副会長(63)が新会長に選任された。

 福田氏は2003年から18年にわたり会長職を務めた。今年6月の役員改選で「東京五輪が終わるまでは福田氏で」との周囲の強い声に押され、10期目を迎えたが「パリ五輪に向け新たな人材に後を託したい」と東京五輪後に辞表を提出。この日受理された。理事職も退任し、今後は名誉会長となる。

 新会長に就任した富山氏は1984年ロス五輪金メダリスト。「04年アテネ五輪で女子を正式種目に導いたのも福田会長のおかげ。偉大な方の後なので自信はないのですが、若い力を結集して、いろいろ問題があるが前に向かうしかない。パリ五輪まで3年しかない。全力で頑張り、金メダルを東京以上に取りたいと思っている」と抱負を述べた。

 また、専務理事は藤沢信雄副会長(68)が兼任する。
 
 

関連タグ:

ピックアップ