五輪金メダルレスラー争奪戦 UFC、WWEに続き「ベラトール」も名乗り

2021年08月16日 18時18分

今後の進路が注目されるガブレダン(ロイター)
今後の進路が注目されるガブレダン(ロイター)

 東京五輪レスリング男子フリースタイル125キロ級で金メダルを獲得した米国代表ゲイブル・スティーブソン(21)が人気沸騰だ。

 複数の米メディアによると、格闘技イベント「ベラトール」のスコット・コーカー代表はスティーブソンについて「私たちはすでに彼のマネジメントと連絡を取り合っている」とした上で「彼がMMA(総合格闘技)に来たいなら、私たちは迎え入れたいと思う。私たちは彼にとって素晴らしい〝家〟になると思います」と語っているという。

 レスリング技術のみならず驚異の身体能力を誇るスティーブソンは、世界最高峰の総合格闘技イベント「UFC」や世界最大のプロレス団体「WWE」だけでなく、日本のマット界も熱視線を送る超逸材だ。

 今後の進路に注目が集まる中、先日は自身のツイッターにUFCのダナ・ホワイト代表の名前を投稿したかと思えば、その後にWWEのビンス・マクマホン代表の名前を挙げるなど、まるで両団体をてんびんにかけているような行動を見せている。

 ここに日本の格闘技イベント「RIZIN」ともつながりが深いベラトールが名乗りを上げたことで、今後は激しい〝争奪戦〟が勃発しそうだ。

関連タグ:

ピックアップ