吉田沙保里 世界V15へ万全!53キロ新階級に体合ってきた

2014年08月19日 16時00分

後輩2人を背負って「金メダル坂」を駆け上がった吉田

 レスリング世界選手権(9月8日~14日、ウズベキスタン)とアジア大会(9月、韓国・仁川)に出場する世界女王の吉田沙保里(31=ALSOK)が、18日に新潟・十日町市で行われた代表合宿に参加。通称「金メダル坂」で体をいじめ抜いた。

 

「毎年、十日町の坂を走ってスタミナに自信を持って世界大会に臨んでいる。今年も戦える体を作りたい」。53キロ級では初の世界選手権だが、指導する栄和人強化委員長(54)は「新階級に体が合ってきた。55キロ級の全盛期の動きに戻っている」と太鼓判。五輪と合わせ世界大会15連覇、アジア大会4連覇へ万全の状態だ。