浜口京子「W杯後の涙」の真相

2012年06月14日 14時51分

 日本女子レスリングはロンドン五輪で全階級金メダルの偉業を目指している。黄金時代を迎える日本女子レスの礎を築いたのは、間違いなく最重量級(72キロ級)の浜口京子(34、ジャパンビレッジ)だ。

 5月末の女子W杯後に「五輪で引退」を示唆し、反響を呼んだが〝レスリングの鬼〟は本当にマットを去るのか? 五輪に向けた京子の胸中を本紙が独占直撃した。

(詳細は本日の紙面で)


浜口京子 五輪で引退か