【全日本選抜】伊調は川井梨に敗れ準V 7月に代表権かけてプレーオフ

2019年06月16日 19時57分

川井(右)に敗れた伊調

 レスリングの世界選手権(9月、カザフスタン)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権最終日(16日、駒沢体育館)、女子57キロ級決勝で、五輪5連覇を目指す伊調馨(35=ALSOK)がリオ五輪63キロ級金メダリストの川井梨紗子(24=ジャパンビバレッジ)に敗れ、4年ぶり6度目の優勝を逃した。昨年12月の全日本選手権で下したライバルにリベンジを許したことで、7月6日に埼玉・和光市体育館で行われるプレーオフで、川井梨と代表権をかけて争うこととなった。

 ポイント0―6から追い上げる展開に、大逆転勝ちとなった“全日本選手権再び”の空気感も、一歩及ばず。伊調は「落ち込んでいる暇はない。プレーオフに向けて反省して修正したい」とサバサバした表情で語った。

 敗因については「前半、梨紗子が優勢だったが、自分は(前回勝って)アドバンテージがあり、負けられないのは梨紗子だった」と気持ちの部分で負けていたと分析。その上で「ギリギリの戦いが続くが、それを望んで戻ってきた。プレーオフには体も心もいい状態で臨みたい」と前を向いた。

 一方、雪辱を果たした川井梨は「終わった直後はうれしかったが、もう一つ勝たないといけない。やっていることは100%間違っていないと分かったので、残り3週間しっかり調整したい」と気を引き締めた。