栄和人氏 レスリング協会常務理事解任が正式決定

2018年06月23日 16時56分

 日本レスリング協会は23日、都内で評議員会を開き、五輪4連覇の伊調馨(34=ALSOK)らに対するパワーハラスメントが認定された栄和人氏(58)の常務理事解任を正式に決めた。

 栄氏は14日、全日本選抜選手権(駒沢体育館)の会場で謝罪会見を行ったが、監督を務める至学館大の谷岡郁子学長(64)に大会期間中の振る舞いを問題視され、18日に同大監督も解任されている。

 また、1月に内閣府に提出された告発状で指摘された不適切な会計処理について、弁護士3人、公認会計士1人を含む7人で内部調査委員会を立ち上げ、8月末をめどに調査することを決めた。

 伊調への日本協会としての謝罪については「所属のALSOKさんへ、お会いしたいと書面で伝えている」(高田裕司専務理事)と手続きを取ったことを明かした。すでに口頭では伊調側に謝罪の希望を伝えているが、実現していない。