【テニス】大坂なおみ 2回戦はミス目立ちストレート負け

2018年03月24日 02時14分

ミスが目立った大坂なおみ(AP)

【フロリダ州マイアミ23日(日本時間24日)発】大坂なおみ(20=日清食品)が、テニスのマイアミ・オープン2回戦で世界ランク4位のエリナ・スビトリナ(23=ウクライナ)に4—6、2—6のストレートで敗れた。

 ツアー初優勝を飾った先週のBNPパリバ・オープン、そして今大会1回戦で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)に圧勝した勢いがついに止まってしまった。過去の対戦成績が2勝2敗の相手に対して、第1セットを4—6で落とし、続く第2セット第1ゲームでブレークされるとミスが目立つようになり、自滅する形であっさり敗れてしまった。連戦による疲労からか集中力も途切れがちになり、要所で粘り強さを発揮できなかった。

関連タグ: