テニス・大坂効果でDAZN加入者急増

2018年03月23日 16時30分

大坂なおみ(ロイター=USA TODAY Sports)

 大坂なおみ(20=日清食品)の“快進撃”がコート外でも止まらない。21日(日本時間22日)に行われたテニスのマイアミ・オープン1回戦で、4大大会通算23勝のセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)にストレート勝ち。ツアー初Vで日本人初の準4大大会「プレミア・マンダトリー」大会制覇となった先週のBNPパリバ・オープンの勢いを持続している。

 この恩恵を受けているのがマイアミ・オープン(女子)を独占中継するDAZN(ダゾーン)だ。関係者によると、セリーナ戦の前日の新規加入者数が、先月22日のJリーグ開幕前日に匹敵する数を記録したという。何か月も前に日程が決まり大規模な宣伝活動をしたJリーグに対し、今回の大坂は前週のVからセリーナ戦まで中2日。PRの期間はほぼなかったことを考えると驚異的な数字だ。

 24日午前0時開始予定の2回戦の第4シード、エリナ・スビトリア(23=ウクライナ)戦もDAZNが生中継。大坂はさらなる快進撃を見せられるか。