錦織圭が復帰2戦目で優勝「ベストなプレーができた」

2018年02月04日 15時41分

男子テニスの錦織圭

 昨夏に右手首の腱を痛めて長期離脱していた男子テニスの錦織圭(28=日清食品)が3日(日本時間4日)、ツアー下部大会ダラス・チャレンジャー(テキサス州ダラス)のシングルス決勝で、世界ランキング158位のマッケンジー・マクドナルド(22=米国)とを6―1、6―4で下し優勝を果たした。

 世界27位の錦織は第1セットを1ゲームしか与えずに奪うと、第2セットも制し、ストレートで勝利。1月23日にツアー下部大会で実戦に復帰し、第1シードで臨んだ今大会の1回戦で復帰後初勝利を挙げていたが、今回の優勝が完全復活に向けた弾みになるのは間違ない。

 錦織は「今大会は自分にとってチャレンジだったが、今日はベストなプレーができた」とコメント。次戦はニューヨークオープン(12日開幕)に出場する予定だ。

関連タグ: