【テニス】錦織がストレート勝ちで準決勝進出

2018年02月02日 12時21分

【テキサス州ダラス2日(日本時間1日)発】昨夏に右手首を負傷し復帰した男子テニスの錦織圭(28=日清食品)がツアー下部大会ダラス・チャレンジャーのシングルス準々決勝で世界ランク295位のドミニク・コプファー(ドイツ)を7―6、6―3のストレートで下し、準決勝に進出した。

 第1セット、第3ゲームでブレークに成功したが、すぐにブレークバック。その後も一進一退の白熱した攻防が続いた。タイブレークにもつれ込み、錦織が7―3でこのセットを奪った。

 第2セットは序盤から錦織が4ゲームを連取。続く3ゲームは落としたが、第8ゲームでブレーク。第9ゲームも勝ち切り、4強入りを決めた。

関連タグ: