【楽天ジャパンOP】1回戦勝利の杉田に名コーチも太鼓判

2017年10月04日 16時30分

 男子テニスの世界ランキング40位・杉田祐一(29=三菱電機)が世界的名コーチから太鼓判を押された。

 楽天ジャパン・オープン2日目(3日、東京・有明テニスの森公園)シングルス1回戦で杉田は“錦織キラー”としても知られる同37位のブノワ・ペア(28=フランス)と対戦。第1セットを6―4で奪った後、第2セット第1ゲーム途中にペアが体調不良により棄権を申し出たため、6度目の本戦出場にして待望の大会初勝利を挙げた。

 結果は不完全燃焼も、内容は圧倒。「出だしから集中していこうと思っていた」と振り返ったように序盤からラケットが振れ、ラリー戦で厳しいコースを何度も突いた。一度はブレークバックを許したが、突き放し「大事なところで相手にペースを持たせないというのを徹底していた」と胸を張った。

 杉田を10代のころから知り、アドバイザリーコーチ契約を結ぶボブ・ブレット氏(63)もこの勝利を喜ぶ。かつてボリス・ベッカー氏(49=ドイツ)や松岡修造氏(49)を育てた名伯楽は「彼の肉体、技術、精神力、闘争心すべてが格段に成長している。危険な選手だ」と称賛。「このまま勝ち続けることが最も大事なことだ。そして彼はそれができると思う」と続け、年内に世界ランク30位を目指すことを宣言した杉田の背中を押した。

 2回戦の相手は同12位のミロシュ・ラオニッチ(26=カナダ)。過去2戦2敗と勝ったことがない強敵だが、左手首の手術からの故障明けとあって、チャンスはある。杉田も「どこで勝負をかけるか見極めないといけない」と善戦以上の結果を見据えた。