【全豪OP】フェデラーに敗れ8強ならず 錦織“崩壊”は第1セットから始まっていた

2017年01月23日 16時30分

メディカルタイムアウトで治療を受けたが…(ロイター)

【オーストラリア・メルボルン22日発】テニスの全豪オープン男子シングルス4回戦、世界ランキング5位の錦織圭(27=日清食品)は同17位ロジャー・フェデラー(35=スイス)に7―6(7―4)、4―6、1―6、6―4、3―6のフルセットで逆転負けし、3年連続の8強入りはならなかった。完璧な立ち上がりを見せたものの、最後は心身ともにボロボロにされる完敗。流れをつかみかけながら、なぜ崩れてしまったのか。GAORAテニス中継解説者の佐藤武文氏(45)は、フェデラーと錦織の差を鋭く指摘した。

 

 相手は史上最多の4大大会17勝を誇るフェデラーとはいえ、35歳の大ベテラン。しかも半年間の欠場から復帰したばかりだ。錦織は「フェデラーのプレーは以前と同様に力強かった。こういう負けでとても失望している」と込み上げるショックを隠せなかった。

 

 第1セットは第1、第3ゲームをブレークする最高の出だし。第2、3セットを奪われても食らいつき、決着を最終セットに持ち込んだ。しかし、試合の主導権を握っていたのは終始、フェデラーだった。「第5セットで盛り返す好機はあったが、彼が強すぎた」と錦織は天を仰いだ。

 

 どこで流れが変わったのか。佐藤氏によれば“崩壊”は第1セットから始まっていた。「7―6で取ったからいい、というのはテニスの本当の見方ではない。簡単なミスをしたことで、フェデラー浮上のきっかけを与えてしまった」。その場面とは、錦織が5―2と優位に立って迎えた第8ゲーム。30―15とリードした錦織はバックボレーに失敗した後、この試合で初めてブレークを許す。大事な局面で集中力を欠いたことは痛恨。錦織も「ミスしてフェデラーをカムバックさせてしまった」と悔やんだ。

 

 さらに技術や戦術もフェデラーに一日の長があった。佐藤氏は「第1セットはワイドサーブ、第2セットはセンターとボディー、第3セットは全部散らした。それが老かいさ。確率がいいだけじゃない」。また、序盤に錦織の深いリターンに手を焼いたフェデラーは「サーブ&ボレーによってリターンを低くさせることに成功した。錦織選手のボールが浅くなり攻撃しやすくなった」(同)。第2セットからフェデラーが速い展開に持ち込めたのはこのためだ。

 

 一方、精神面や肉体の丈夫さも明暗を分けた。どんな窮地でも表情を変えないフェデラーに対し、錦織は苦しい場面で何度も顔をゆがめた。さらに腰や左脇腹、臀部のマッサージを受け、ゲームが中断した。「苦しかったとしても苦しいのを見せないのがフェデラー。錦織選手はほころびが出ちゃった。簡単に体力の差と片付けてほしくない。相手に対して隙を見せない姿勢の差」と佐藤氏は指摘した。

 

 次戦は今年から参戦のアルゼンチン・オープン(2月13日開幕)。コートもクレーに替わる。「フェデラーの駆け引きのうまさをしっかり自分のものにしていくしかない」と佐藤氏。グランドスラム初対決で体に刻み込んだレジェンドのすごみ。錦織はこの財産を生かすしかない。

関連タグ: