【ATPツアー・ファイナル】錦織 チリッチに敗れるも4強入り「準決勝は自信を持ってプレーできたら」

2016年11月19日 10時57分

4強入りした錦織(ロイター)

【英国・ロンドン18日(日本時間19日)発】男子テニスのATPツアー・ファイナル、ラウンドロビン(1次リーグ)A組最終戦で、世界ランキング5位の錦織圭(26=日清食品)は同7位のマリン・チリッチ(28=クロアチア)に6―3、2―6、3―6で敗れた。ただ、昼の部に行われた試合でアンディ・マリー(29=英国)が同組3連勝を果たしたために準決勝進出が決定。

 

 錦織は「第1セットは集中できたが、第2セットからミスが相次いでメンタル的に攻めていけなくなった。準決勝はもう少し自信を持ってプレーできたら」と語った。

 

 直接対決9連敗中の同2位のノバク・ジョコビッチ(29=セルビア)が相手となる。

関連タグ: