【スイス国内】決勝でストレート負け…錦織“勝てない理由”

2016年10月31日 16時30分

【スイス・バーゼル30日発】男子テニスのスイス室内シングルス決勝で世界ランキング5位の錦織圭(26=日清食品)は同12位の宿敵マリン・チリッチ(28=クロアチア)に1―6、6―7(5―7)のストレートで敗れ、準優勝に終わった。31日発表の世界ランクで自己最高タイの4位に返り咲く男が、今季残り2大会を残し、わずか1勝どまりとはやや寂しくもある。錦織の抱える課題はどこにあるのか。

 

 最後は錦織のダブルフォールトであっけなく決着。チリッチの猛攻に圧倒された第1セットから巻き返し接戦を演じたが、栄冠に手が届かなかった。

 

 チリッチは2014年全米オープンで決勝を争い、敗れた宿敵だ。「チリッチといい試合ができた。5年ぶりにこの大会の決勝に戻って来ることができて、いい経験になった。来年優勝できればと思う」。自身を責めることより収穫を口にしたものの、“本音”は険しい表情を見れば一目瞭然だ。

 

 無理もない。今年はここまで、ATP250の大会である2月のメンフィス・オープンの1勝だけ。年初に目標に掲げたマスターズ大会初制覇どころか、ATP500の大会でも勝てていない。これは、錦織にとっても大きな誤算だ。

 

 それでも世界ランク4位に返り咲くのは、年間を通じて安定した成績を残せているからだが、トップ3を目指す選手としてはやはり、物足りなさを拭えない。

 

 今大会は楽天ジャパン・オープンを左臀部の痛みで途中棄権し、3週間ぶりの復帰戦だった。GAORAテニス中継解説者の佐藤武文氏(45)は「それはあまりなかった」と故障明けの影響を否定した上で、敗因を次のように話す。「チリッチは錦織選手のボールに対して、半歩前に入って打つんです。それが錦織選手が前に前に攻められない理由だった。対策を徹底したと思う」。アグレッシブなプレーと積極性は錦織の持ち味。しかし、チリッチにお株を奪われた。

 

 その明暗を分けたのは決勝での勝負強さという。「(スタン)バブリンカやチリッチみたいに『決勝になったら絶対、負けないぞ』という選手になるには、突き抜けていかないと。『突き抜けてる感』はこの2人がビッグ2」(佐藤氏)

 

 錦織にも期待を抱かせる攻撃があった。第2セット第7ゲーム、チリッチにバックハンドのダウン・ザ・ラインを決められたが、フォアのダウン・ザ・ラインですぐさまお返しした。サービスゲームのキープに成功した錦織は握りこぶしとともに雄たけびを上げ、会場は喝采に包まれた。佐藤氏も「観客が盛り上がるようなプレーをして試合はひっくり返るもの。あそこは相手を上回るプレーができていた」と指摘する。

 

 チリッチやバブリンカがここぞの舞台で下馬評を覆す活躍を見せるのも、リスクを負ったプレーを仕掛けているからこそ。次戦はマスターズ・パリ大会(31日開幕)。錦織に雪辱のチャンスはまだある。

関連タグ: