錦織が尊敬する日本人アスリートとは

2016年07月15日 16時30分

一日社長を務めた錦織

 男子テニスの錦織圭(26=日清食品)が、サッカー日本代表FW本田圭佑(30=ACミラン)へのリスペクトを示した。14日、所属先で一日社長を務めた錦織。社長室で新商品を試食したり、発売決済書にサインするなど、コートとは異なる業務をこなし「楽しかったです」とご満悦だった。

 

 そんな錦織は本田に敬意を持っている。アスリートとしてはもちろん、SVホルン(オーストリア2部)の実質的なオーナーなど実業家としても活動していることに「尊敬しています。サッカーで結果を出しているのに、いろいろオフコートでも実践している。しかも子供たちにサッカーを教えたりしている。同じスポーツ選手として学ぶところがあります」と絶賛した。

 

 本田とは過去に一度だけ会ったことがあるという。昨年1月、全豪オープンに出場する際、本田から「世界で善戦しているのは、日本の誇りですよ」とのエールも受けた。競技は違えど、世界で活躍するアスリートとして、今後も尊敬し合いながら切磋琢磨していく。

関連タグ: