【ウィンブルドン】錦織圭は第2セット途中で棄権

2016年07月04日 22時03分

第2セット途中で棄権した錦織(ロイター)

【英国・ロンドン4日発】テニスのウィンブルドン選手権第8日は4日、オールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス4回戦で世界ランキング6位の第5シード、錦織圭(26=日清食品)は第9シード、同13位のマリン・チリッチ(27=クロアチア)と対戦。かねて不安視されていた左脇腹の痛みの影響か、立ち上がりから精彩を欠き、第1セットを1―6で落とすと、第2セットも挽回できず、1―5となったところで棄権した。日本男子では1995年の松岡修造以来、自身初のウィンブルドン8強入りはならなかった。

関連タグ: