【ウィンブルドン】錦織 世界最速サーブのグロートにストレート勝ち

2016年06月28日 07時16分

【英国・ロンドン27日(日本時間28日)発】テニスのウィンブルドン選手権が開幕し、男子シングルス1回戦で世界ランキング6位の錦織圭(26=日清食品)は同124位サミュエル・グロート(28=オーストラリア)に6—4、6—3、7—5でストレート勝ちした。

 世界最速263キロのサーブを誇るグロートに対し、錦織はリターンで対抗。第1セット第1ゲームからリターンエースを2本決めるなど、快調な滑り出しを見せた。次第にグロートが得意とするサーブ&ボレーも攻略し、最後までペースを握らせなかった。「ストレートで勝ててホッとしている」と安堵の表情を見せた。

 2回戦では同547位のジュリアン・ベネトー(34=フランス)と対戦。対戦成績は錦織の3勝1敗と苦手意識はない。

関連タグ: