錦織 全豪オープンで“死の山”入り

2016年01月16日 11時00分

【オーストラリア・メルボルン15日発】テニスの全豪オープン(18日開幕)の組み合わせが発表され、第7シードで4大大会初制覇を狙う世界ランキング7位の錦織圭(26=日清食品)は“死の山”入りとなった。


 初戦は初対戦となる同34位フィリップ・コールシュライバー(32=ドイツ)。順当なら4回戦が最初の山で、同18位ブノワ・ペア(26=フランス)か、同10位ジョーウィルフリード・ツォンガ(30=同)が相手となる。


 錦織は昨年の全米オープン、楽天ジャパン・オープンでペアに連敗。ペアはその後、41位から大きく世界ランクを上げている。BIG4を除けば、錦織にとって最大の天敵だ。また、強烈サーブのツォンガには昨年の全仏オープンで手痛い黒星を喫している。どちらが上がってきても、苦戦は必至だ。


 これを突破しても、準々決勝で同1位ノバク・ジョコビッチ(28=セルビア)との対戦が濃厚。錦織にとっては大きな壁となる。錦織はこの日、メルボルンでイベントに登場。「全豪は4大大会で一番好き。(ベスト8だった)昨年以上の成績を残せれば」と意気込んだが、道のりは険しい。

関連タグ: