錦織「楽天OP」4強進出 チリッチに逆転勝ち

2015年10月09日 17時31分

チリッチに逆転勝ちし、4強に進出した錦織
チリッチに逆転勝ちし、4強に進出した錦織

 男子テニスの楽天ジャパン・オープン5日目(9日、東京・有明テニスの森公園)シングルス準々決勝で、世界ランキング6位の錦織圭(25=日清食品)は、同14位のマリン・チリッチ(27=クロアチア)を3―6、7―5、6―4のフルセットの末に逆転勝ちし、4強に進出した。

 

 時折り強風が吹くコンディションで第1セットを失った錦織だが、慌てることなく逆襲を開始。サービスエースを何本も決められながら、ストローク戦で押し込み、第2セットを奪い返す。

 

 ファイナルセットも第4ゲームをブレークすると、チリッチは失速…。リターンの精度が乱れる。一方、錦織は気持ちを切らすことなく集中し、最後は鮮やかなエースを決めて勝利を飾った。

 

 チリッチは昨年の全米オープン決勝を争った宿敵。2連覇へ向け、大きな山を超えた錦織は「セカンド(セット)から粘り強いプレーができた。勝ててうれしい」と笑顔を浮かべた。苦しんだ末の逆転劇は、得たものも大きい。

 

「今日は出だしから無心でやっていた。すごく集中してプレーできた。最後は集中力ですね。体力がなくなりつつある中で、大事なポイントでギアを上げれたのが勝因だと思います」と分析した。

 

 10日の準決勝は、同32位ブノワ・ペア(26=フランス)と対戦する。

関連タグ:

ピックアップ