車いすテニス「ワールドチームカップ」日本初開催に世界ランク1位・国枝慎吾が大興奮

2015年06月18日 19時14分

車いすテニス国別対抗戦発表会見に登場した国枝慎吾(右)と上地結衣

 車いすテニスの世界国別対抗戦「ワールドチームカップ」が来年5月、日本で初開催されることが決まり、18日都内で会見が開かれた。
 
 同大会は1985年から開催される歴史ある大会で、世界52か国、250人の選手が参加を予定している。錦織圭(25=日清食品)の活躍でテニスブームに沸く日本は、昨年末から国際テニス連盟(ITF)と交渉し、実現にこぎつけた。
 
 会見に出席した男子世界ランキング1位・国枝慎吾(31=ユニクロ)は「世界のトップがみんな来る。世界トップレベルのプレーを東京でできるのはすごくエキサイティング」と興奮を隠せない。同大会はリオ・パラリンピック前哨戦を兼ねており「車いすテニスはこんなに激しいんだってことを観客に見てもらって、ファンを増やしたい」と力強く話した。
 
 会場の有明コロシアム(東京・江東区)は2020年東京五輪・パラリンピックに向けた改修が計画されており、日本テニス協会は大会を通じて設備や運営面でも問題点をチェックする。