松岡修造氏もアンバサダー就任 世界初「ジャパン・テニス・ウィークス」開催

2015年06月11日 17時30分

 日本テニス協会は11日、都内で行った会見で初の試みとなる「ジャパン・テニス・ウィークス」の開催を発表した。

 

 9~10月に有明テニスの森公園(東京・江東区)で開催される「ジャパン・ウィメンズ・オープン」「東レ・パンパシフィック・オープン」「テニスの日」「楽天ジャパン・オープン」の4イベントを総称して名づけたもので、国際大会が3週連続同じ会場で行われるのは世界でも初めて。男子テニス世界ランキング5位・錦織圭(25=日清食品)の活躍で、火がついたテニス人気をさらに盛り上げることが狙いだという。

 

 各大会には往年の名選手がアンバサダーに就任。楽天ジャパン・オープンでは松岡修造氏(47)が大役を担う。山梨で合宿中の松岡氏はビデオで「テニスをする、観る、そして応援する。まさに日本のテニス文化のスタートです。本気で参加してください!」と熱いメッセージを寄せた。楽天ジャパン・オープンには錦織、全仏オープン覇者の同4位スタン・バブリンカ(30=スイス)の参戦も発表された。

 

 協会によれば全国のテニス人口は399万人。錦織効果で急増しているという。