【車いすテニス】国枝慎吾が3つのギネス世界記録を更新 偉業の要因は「チャレンジすること」

2021年10月06日 18時50分

国枝慎吾(東スポWeb)
国枝慎吾(東スポWeb)

 また1つ新たな勲章が加わった。ギネスワールドレコーズは6日、車いすテニス男子の国枝慎吾(37=ユニクロ)が3つのギネス世界記録を更新したことを受け、公式認定証を郵送で届けたことを明かした。

 国枝は、9月上旬に行われた東京パラリンピック男子シングルスで歴代最多となる3度目の金メダルを獲得。その1週間後に開催された全米オープンでは四大大会の最多優勝記録を更新する通算25回目の優勝を飾り、単複通算の最多優勝回数も46に伸ばし、わずか1か月間で3つの大記録を塗り替えた。

 ギネスワールドレコーズは、オンラインで国枝にインタビューを実施。「パラリンピック出場は今回で5大会目でしたが、東京大会は特別なものでしたし、そこで金メダルを獲得することができて、本当に今までの人生で一番うれしい勝利だったと思ってます。その流れで全米オープンも優勝し記録も更新できて、すごくうれしいです」と感慨深げに語った。

 その上で、ギネス世界記録に挑戦する人に「何事もチャレンジしてみることだと思って、僕自身もずっとキャリアを積んできましたし、やっぱりチャレンジしないと何も始まりません。無理だと思うことでも、まずは最初の一歩を踏み出してみることです。それで僕は世界チャンピオンにつながったし、皆さんは世界記録につながるかもしれないので、まずはやっぱりやってみること、それを実現してほしいと思います」とエールを送った。

 国枝の偉業は、11月17日発売の書籍「ギネス世界記録2022」の誌面に掲載される。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ